今更ですが、自己紹介。

みなさんこんにちは。

今更ですが、いつもブログを書いている『つやか はやかわ』って

誰だよっ!ということについてご説明したいと思います。


近日中に紹介ページをHPの中に作成する予定ですが、

それまでにこれを読んで頂いて私について知って頂けると嬉しいです。


まず、私はネット部会の発起人で

つやかはやかわはハンドルネームです。


ネット部会は元々は私の

こうだったらいいなだったから始まっています。


私は脳の器官障害を抱えています。

25歳のある朝。

会社に通勤していて、

普段通り生活してなんとなく、違和感を感じる体。

周りにも体調悪そうだねと言われる日々。

何かおかしいと感じていたある日。


通勤で主人(当時は彼氏)と会社の最寄り駅に着いた瞬間。


『ブチッ』と体から何か切れる音がしました。


そこからはあまり記憶がないのですが、

会社についてすぐ病院に行ったと思います。


気がつくと体は痙攣起こしたり、

思い通りに動かず、喋れず、ただ布団の上に寝ていました。


このあたりの記憶は今でも曖昧で、

3ヶ月以上かかけて、

大学病院で沢山の検査をし、

脳の器官障害であることがわかったのです。


そして、治ることはないこと、

子供が産めないことが宣告されたことは

強く記憶に残っています。


絶望。とはこういうことなのかと思いました。


そのため、活発に行動出来るときは動けるだけ動く、

体調の悪い時にはベッドの上で何週間も過ごすという生活習慣でした。

ベッドの上でずっと過ごしていて感じたのは『孤独』でした。


話す相手は家族だけ。

しかも友人たちは社会で活躍し、

子育てをしているのに

何も社会活動に参加貢献出来ず、

ただただ、時間を過ぎるのを待つのみ。


せめて、サークルやセミナーに参加したいと思っても

体が言うことを聞かず、

断念して行くまで引き返したり、

主人に目的地まで付き添って貰っていた日々でした。




もっと気軽にサークルやオフ会、

セミナーに参加したいと考えた時

web会議を使うことを思いつきました。


Web会議とは、

離れた場所にいる相手とインターネットを介してリアルタイムで

会議ができるツールです。

音声や映像だけでなく、

データやアプリケーションの共有、

文字のコミュニケーションが可能です。


元々私は発病するまで、

web会議を販売する会社いたので、

ある程度どんなものなのかは想像がつきました。


自分のちょっとした特技。

私なら例えばヨガや好きな趣味、

編み物を持った人たちが

気軽に集まれる場所があれば

どんなに素敵だろうと思いまいまいた。


無償で全員が講師にも生徒にもなるシステム。

これを『部活動』と名付けました。


部活ならおしゃべりして終わってもいい。

途中具合が悪くなったら退席すればいい。

目的は何かスキルを上げるとかでなく、

オンラインサロンではないから。


このプランをある人に話した時、

『介護されている方の私が社会に無償で貢献?自分のことも出来ないのに』

と言われました。


その時、ヨーロッパの寝たきりのご年配の方が

小学校の生徒とweb会議サービスを使って

相談を聞いて解決する手助けをするシステムがある

という事を思い出しました。


弱者は何か社会に貢献できないのは間違えで

弱者と言われる人だから出来ることもあります。


勿論、私は様々な人たちに支えられて活動を行えています。


これが私の現状です。






いつ私のように皆さんもハンディキャップを

負う生活になるかわかりません。


このネット部会を必要としている人にぜひ拡散してください。

少なくとも以前の私のような人たちは沢山います。


興味を持って頂いた方はぜひ部活に参加してみませんか?

このネット部会を使っている人が

すべて障害を抱えている方ではありません。

どんな人でも利用可能です。


入部届はこちらから

https://www.netbukai.org/



50回の閲覧

©2020 by ネット部会 / インターネットで部活動をしようの会