私達が目指している社会とは?

みなさんこんにちは。

つやかです。


いきなりですが、この団体は寄付と助成金でまかなっています。

(まだ助成金は頂いたことはないんですが・・・)


最近代表の私は助成金申請の書類を書いたり、

新規事務局運営メンバーに私達が目指しているものについて

文章を書く機会が多くあります。


そこでここでもそのことについて

分かりやすく書いてみようと思います。


ビジョンとは!?

誰もが孤独から解放され。自分のスキルが発揮できる社会。

一人ひとりがカラフルに生きることを認め合い、助け合っている社会。


代表である私が25歳という若さで脳内器官障害発症寝たきりになりました。

10年近く社会との接触を遮断されたことにより、

孤独を味わい、

自分の存在価値を見いだせず、

同年代と比べては自死を考えるようになりました。


二度とこのような苦しみを味わってもらいたくない。


現在外出困難者状態と言われている方は

内閣府の調査で数十万人と言われています。


サークルやオフ会、セミナーに社会活動に参加したいと考えても

お金、距離、時間の制限で参加出来ず「社会的孤独」の中にいる方は沢山います。

例えば、

病気を患っている人、

介護している人、

育児中の人、

対人関係に問題があり挫折してしまった人、

家庭に問題がある人

本人自身の問題などです。


社会的にはうつ病の発症などにより

病人が介護、育児をすることにより虐待がおこり

負の連鎖が広がり、

人としての最低限の健康で文化的な生活ができなくなるなどの

問題が起きています。


このような社会背景の中で私たちはビジョンをかがけ、

団体を設立しました。


STAYHOME期間中私達の団体は4倍の人数に増えました。

全員が外出困難者となったことで、

私達の活動が要することは実証されました。


多くでも一人のひとに届けたいと思っています。


今日は私達の目指している社会について書いてみました。


是非下のSNSボタンから拡散して頂けると嬉しいです。



18回の閲覧

©2020 by ネット部会 / インターネットで部活動をしようの会